徳島の注文住宅ならラッフルズホーム

スタッフブログ

「迷惑病」とは

2019年 11月 18日 (月)

こんにちは。地域に密着する工務店、

ラッフルズホーム。アフター担当の大林です。

 

最近は新聞をとってない家が増えているようですが、

もちろん我が家では徳島新聞をとっています。

地元新聞である徳島新聞。皆さんそうであるように、「お悔やみ欄」は必ず目を通します。

それから朝パラパラと一通り小見出しを見て、興味あるところだけを読んでいきます。

きょうは気になるコラムを見つけました。

目に鱗?目が鱗?どっちだったか忘れましたけれど、住職さんのコラム。現代人が侵されている「迷惑病」。それは「人に迷惑をかけてはいけない教」であり、他者がどう思うかを判断基準にしてしまう。いつの間にか迷惑教にかかっている現代人。

人に迷惑をかけたことがない人など存在しないし、他者がどう思うかを判断基準にしてしまうと、関係性の網にとらわれて永遠に苦しみを生む?必要なのは「こうすればあの人は喜ぶだろう」という自発的な慈悲の心、ということ。、、、なるほどと目から鱗でした。

よく言われている「人に迷惑をかけるような人間になってはいけない」という言葉にとらわれるとことなく、大切なことは「人に感謝すること」なんだと気づかされました。

顔を近づけて深まるような人間関係が希薄になった反面、あの「寅さん」のような人情を求めているのも事実です。

「情けは人の為ならず」の意味を思い出しました。

(情けは人のためにだけでは無く、やがては自分に戻ってくる、ということですね。)