徳島の注文住宅ならラッフルズホーム

スタッフブログ

日日是好日

2020年 01月 27日 (月)

こんにちは。地域に密着する工務店の

ラッフルズホーム。アフター担当の大林です。

 

梅の蕾がほころんでいるのを見つけました。(写真はありませんが。。。)

この一年で一番寒い時期に、この頃は天気が安定せずになたね梅雨になってしまったようです。

実際吉野川河岸の第十堰あたりを走っていると一面黄色い菜の花が咲いています。

 

先日『移住コーディネーター』というのがあってその研修会に参加してきたんです。

まあ地方の人口減少をどないかせなあかんという事で国が交付金を出してやっている事業のひとつです。

東京圏から地方に移住すると100万円が下りるという話もそこで知りました。最近どっかの県に移住して成功しているといった話を政治家が演説をぶったが本人は既に県外に転居していたということもありましたね。

仕事の関係で移住するのは単なる引越しで、移住とはならないそうです。その地域での暮らし、を実現するのを動機にした転居を移住と呼ぶらしい。

 

歳をとって田舎暮らしというのも何となくやってみたいという人が増えているらしいですが、

実際にのんびり田舎で暮らしていく事は出来ないということ。田舎にいても毎日が色々な些事に追われてのんびりは出来ないですよ、とういうのも事実です。

昭和の時代の若い人はもうおじさん以上になっていますが、今この時代の若い人の価値観、世界観がどんなものなのか見当が付きません。徳島はまだまだ保守的な地域ですから、何となくおじさん世代との価値観の隔たりも感じませんが、都市からやってくる若い人たちはほぼ宇宙人?よくわからない?そんなジプシー的な生活でいけるん?そんな人たちと地域を繋げる手伝いをするのが移住コーディネーターの役割のひとつでもあるのかな。

 

 

 

«

»