徳島の注文住宅ならラッフルズホーム

スタッフブログ

古民家月例会。

2019年 02月 11日 (月)

こんにちは。

徳島の地元密着型の工務店。

ラッフルズホーム、アフター担当の大林です。

 

立春も過ぎて暖かい日と、

そうでないと日が繰り返しながら、

やがて待ち望んだ春が来ますね。

 

やはりこの時期の季節の変わり目は雨の降る日も多いです。

 

古民家再生協会というのがあって、

毎月例会をして報告等の話もあるのですが、

ちょっとした勉強会もやってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「古民家解体新書」という分厚い本を読んで勉強するのでが、

今回読んだ中に、世界の主要都市の年間降水量が載ってました。

 

東京は1500mm弱、

ロスアンゼルス300mm強、

パリ700mm弱、ロンドン750mm

やはり日本は降水量が多いんですね。

高知県はなんと2600mmとなってました。

 

その趣旨は雨の少ない湿度の低いところで育った木材を、

日本に持って来ると、乾燥した場所で育った木材は湿気を吸いきれずに腐りやすい、、、。

当然のことですが、その地域に育った木材をを使うことが、

最も環境に適した材料になる。ということですね。

 

なかなか理想通りには行きませんが、

昔の家(100年以上前の家)とかは確かに古材として価値があるのは事実です。

 

あ、今月の例会の後は、懇親会でした。 😀 。

«

»