ラッフルズホーム

スタッフブログ

ふるさと、という言葉

2018年 08月 20日 (月)

 

 

 

 

こんにちは。徳島の地域に密着する工務店、

ラッフルズホーム、

アフター担当の大林です。

 

趣味でへぼ?コーラスをやっているのですが、

一番最初に練習で歌わされるのが、童謡唱歌の

「ふるさと」(作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一)

です。

 

その歌詞ですが、1番は

 うさぎ追いしかの山

 小鮒釣りしかの川

 夢は今もめぐりて 

 忘れがたき故郷

 

ウサギは追ったことはありませんが、

小鮒は釣って遊びました。

たしか米粒で釣れました。

ミミズだと間違いなく釣れましたね。

 

2番の歌詞ですが、

 如何にいます父母

 つつがなしや友がき

 雨に風につけても

 思いいずる故郷

 

、、つつがなしや 友がき

??ほぼ何のことか分りません。

<同級生よ元気かい?>くらいの意味でしょうか?

 

3番の歌詞、

 こころざしをはたして

 いつの日にか帰らん

 山は青き故郷

 水は清き故郷

 

「ふるさと」はこんな歌詞だったんですね。

田舎に生まれ、時が経ち、

故郷の野山を想う。

私は田舎育ちですから分りますが、

 

市中で生まれ育った人たちは、

どうなんでしょう?

田舎があることに、

羨ましいと思うのか、

また違うイメージでそれなりに故郷を

感じて歌うのか。

 

あらためて、3番まで歌って

ちょっと疑問に思ったところなんですが、

この歌い継がれている名曲の理由は?

 

あと数十年後も歌い継がれているのでしょうか?

 

ふるさとは変わらないもの、の方がいいですね。

この歳になると特にそう思います。

 

土地があって家がある。いつの間にか更地になっていたりすると、

以前の景色がイメージできないというのが、多々あります。

子供の頃に目に焼き付いた風景は、

思い出と共に存在して欲しいと思います。

 

ですから、これから家を建てるということを

考えた場合も、

永く長く

住んでいけるような建物を

残したいと思います。

本気で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«

»