神様の居場所? | ラッフルズホーム

ラッフルズホーム

スタッフブログ

神様の居場所?

2018年 07月 30日 (月)

 

 

 

 

 

こんにちは。地域に密着する工務店、

ラッフルズホーム、アフター担当の大林です。

 

いきなりですが、神様の居場所の話です。

ご存知の通り、家づくりには土地が必要で、その土地が決まったら、

土地の神様にご挨拶を込めて、『地鎮祭』をします。

、、というのが当たり前になっていますが、他国の人から見れば、

この儀式は日本人の宗教ですよね。

もう当たり前になっていて改めて、

地鎮祭は宗教か?って自問することはないですけど、

初詣とかも何故そういうしきたりがあるの?なぜするの?って言われてみれば、

他国の無知の外人さんに説明するのは難しいです。

 

一言、。我々のルール、宗教です、といえば納得するのですが、

こちら側にその自覚がないから、ちょっと迷ってしまいます。

 

今どきの日本人は、初詣は神社かお寺に行きます。結婚式は神式もありますが、

予算の都合で人前結婚というのも最近は増えています。。

ともかく現実的には多宗教であります。

 

家の話に戻りますが、地鎮祭の後、家の棟が上がったら、『上棟式』があり、

この場合、大工の棟梁は神主さんと同じ役割をします。

昔の大工は苗字帯刀を賜り、上棟式の際には烏帽子をかぶり、

祝詞を上げることができました。

 

そんなかんなで家は建ちました。が、

今の家に、神棚とか仏壇の場所は?

 

ちょっと前まで、台所には竈の神、荒神様を大抵は祀っていました。

ついでに言うと竈の神様はひょっとこ=火男のことでもあるそうです。

で、この火男。

目が一つで、日本には一つ目神社と言うのがあります。

鍛冶の神様です。

さらに面白いのは鍛冶の神様で、目が一つなのは、

ギリシャ神話にも同様の神様がいるということ。

、、、面白いですねー。

 

家を建てるということは、今更ながら人生の中ではポイントが高いのだと思います。

仮に賃貸とかの場合は、「ここが神棚、ここが仏壇を置く場所。」

って言われたら引きますよね。

仮の場所には、そういうことは必要ないわけです。

 

つまり家を建てるということは、

子々孫々、末代、未来永劫まで関わってくるということ。

 

ちょっと考えを巡らして、

神様に感謝する場所、祖先のことを想う場所、

というのも、忘れかけている何かの一つなのかも知れません。

 

あ、きょう蝉の脱皮するところの写真が撮れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«

»